家がもっと好きになる収納アイデア

暮らし上手は片づけ上手。

整理整頓の習慣が家族みんなに身につくと、家事の助けになります。

 

収納は、ただ量が入ればいいわけではありません。

暮らしにあわせて適材適所な収納を考えた住まいは、快適さが違います。

いい収納があれば気分までスッキリ。

子どもたちにお片付けの習慣もつきます。

お部屋をすっきりキレイに整えて、自慢の我が家に。

 

【玄関、土間収納】

コートの脱ぎ着は玄関で。

ハンカチ、マスクなども玄関にあると便利!忘れ物が減ります。

遊び道具やアウトドアグッズも収納してお出かけがスムーズに。

 

 

【パントリー】

缶詰、パスタ、お菓子、たまにしか使わない調理家電などどこに何がどれくらあるか

一目でわかり、キッチン周りがいつもスッキリ!!!

可動棚にすれば置きたいものによって高さを変えれるのでスッキリ収まってくれるはず!

床下収納庫よりずっと楽にストックできます。

 

【リネン庫】


棚を設けて、タオル、パジャマ、下着類を収納しておけば、脱ぐ・洗う・しまう・着るが1か所で

できます。用意しなくても自分たちでしてもらえるので家事がスイスイはかどります。

 

 

 【ウォークインクローゼット】


衣替えが不要で家事がラクラク。

たっぷり収納できるうえ、一目でどこにあるか探しやすく、コーディネートしやすいのが魅力です。

ファミリークローゼットにすれば洗濯物の片付けも1か所で完結できてこれまた時短に!

 

【納戸】


これがあるととっても便利!

扇風機やファンヒーターなどの季節家電、ひな人形やクリスマスツリーなども奥に追いやられることなく

出しやすく、片付けやすくなります。

 

 

【リビング収納】

家族が集まり、長時間過ごすリビングにこそ収納を。

リビングで使うものはリビングにあると使った後もすぐに片づけられるので散らかる

ことがなくなると思います。

 

 

【ニッチ】


水廻りの限られた空間では、壁をへこませて棚を埋め込んだ「ニッチ」で収納の確保を。

トイレットペーパーや化粧品がきれいにしまえますし、写真や花などを飾って

素敵な飾り棚としても使えます。

 

 

収納スペースは、ありすぎても困らないです。

ゆとりある収納ができてると出し入れもラクになります。

その収納場所にコンセントを設置してると充電などもその場でできるので

さらにスッキリしますよ。

新築相談
老人ホーム紹介
リフォームの相談
ワントップハウス